プロフィール

bleuvert

Author:bleuvert


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ

MONTHLY


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年 6月の庭

IMG_2772 エトワール・バイオレット
6月初め、アロマガーデンのオールドローズの終わった後クレマチス、エトワールバイオ
レットが主役となる。うちの高さ120、幅280センチのフェンスを覆う。エトワール・バイオ
レットは枝が良く伸びる品種なので余裕のある場所で育てたい。

IMG_2785 グロッソ
ラベンダー、グロッソは大型に育ち、穂も長い。6月半ば蕾が幾つか花開いてきた。それ
くらいで収穫するのがベストなので、花が開き始めたものからどんどん収穫し、逆さに吊
るして乾かす。ドライラベンダーは化粧水にクリームに欠かせない。

IMG_2801 アロマガーデン
百合の蕾が膨らむ中、スカビオサ(確かタキイのミックスの種)が咲き始めた。


IMG_2783 スカビオサ
こちらは小道のスカビオサ。蕾から花になるまで徐々に変化していくのを見るのが楽しい。

      IMG_2778 スカビオサ



IMG_2773 アナベル
ここはハーブガーデンのアーチの近く。アナベルを植えた。秋に株分けし、アロマガーデ
ンとこちらに増やした。足元の繊細なシルバーリーフはニシキシダ ピューターレース。
アナベルの周囲の明るいグリーンの葉はスペアミント。甘い香りでマイルドな味なので
お茶やハーブバスにも使えておすすめのミントだ。

IMG_2798 鉄砲百合
ハーブガーデンの鉄砲百合とアナベル。ぽーんと飛び出たダリア。百合とアナベルの
間にモナルダが数色植えつけてあるが、勢いに押されてわずかにラベンダー色のが
顔をちらっと見せてくれているだけだ。欲張って植えているのでどうしても日照権問題
が発生する。

IMG_2791 アナベル
このアナベルを株分けした。庭を造って6年経ち、立派に成長したものだ。昨年は花が
大きく咲いて見応えがあった。剪定がよかったのだろう。慌てて昨日はグラス類のカット、
今日はアナベルの剪定をした。
年々植物たちは充実していくので、庭づくりには何より時間が必要だ。年を経るにつれ
そのことを実感する。
今年は7年目の春を迎える。さて、どんな景色を見せてくれるだろうか。



スポンサーサイト

2015年5月11~20日

IMG_2635アロマガーデン
手前の紫のバラはブルーフォーユー。
レイズドベッドがアロマガーデン。レンガの境目にこぼれ種で増えたキャットミント。花期が
長いのでありがたい。カットすれば何度も花を咲かせてくれる。ハーブなので痩せたような
土地を好むようだ。独特の香りがして、実は私が好きな香りでないのは内緒。気を悪くする
といけないから。
右のフェンスにイスパハンが咲く。その左横に小さく写るのは芍薬、モンシェリージュレス
エリー。昨年は芍薬が一斉に咲いてしまい、長くは楽しめなくて残念だった。芍薬だけで
なくチューリップもバラも咲き始めたら一気に咲いてしまった。

IMG_2661 ベル・イシス
ベルイシス。幾重にも巻く花びら、飾りガク、全てが愛らしい。

IMG_2670 ダム・ドゥ・シュノンソー
ボーダーフェンスのダムドゥシュノンソー。シュノンソー城の貴婦人という意味で、フランス
のシュノンソー城と同様美しいバラ。(シュノンソー城は女性が主となった。)シュラブだが
よく伸び、うちでは幅4mのフェンスをカバーしている。デルバールらしい良い香りがする。
このフェンスは夏は一日中直射日光に晒されて過酷なのだが、秋にも春と変わらない花
をたくさん咲かせるので丈夫さも保障する。デルバールの中でも優良な品種なのではな
いだろうか。右下の花は金魚草。

IMG_2687 虞美人草
向かいのボーダーに虞美人草、ポピー。エンジェルスクワイヤーはイギリスのトンプソン
&モーガンの種から育てたものだが、こちらはタキイの「ポピー虞美人草」の種。タキイの
ものもエンジェルスクワイヤーにはない色があって、おもしろい。

IMG_2704  バースデーローズ
同じくボーダーのラークスパー「バースデーローズ」。ピンクと白の二色咲きがかわいら
しい。サカタのタネのもの。白いバラはアイスバーグ。


IMG_2674 小道
ボーダーから小道を見て。右手前の葉はセイヨウニンジンボク白花。左手に点々とある
穂は「ラグラス オバタス」。イネ科の一年草。ポンポンとした穂がかわいいが、こぼれ種
で出てくる強さがある。穂が出る前は一見雑草のようだが、葉は柔らかく、若草色をして
いる。

IMG_2675 小道
その小道を逆から見て。左手前にもラグラスがあり、奥にはポピーや「アグロステンマ、
オーシャンパール、桜貝」「セントーレア(ヤグルマギク)ブラックボール」が並ぶ。バラ、
ブルーフォーユーの右下はアスチルベの花。近くのシルバーの葉に白い小花の咲くのは
リクニスコロナリアアルバ。こぼれ種でどんどん出てくるが、湿り気が多いと腐ってしまう
ので乾燥気味の土地に向く。

IMG_2681 ギーサヴォア
昨シーズンはよく伸びたギーサヴォアをアーチに誘引した。深い赤と白、クリーム色の
絞り模様の花は存在感たっぷり。今シーズンからはローメンテナンスで庭を造るのが
目標なのでこのバラも高く誘引しなかった。この景色は昨年だけになりそうだ。アーチの
右手はクレマチス、白万重。

IMG_2765 バレリーナ
小輪のピンクのバラはバレリーナ。奥のダークな丸い葉はリグラリア ブリットマリークロ
フォード。左右にはセントーレア ブラックボール。

IMG_2722 ハーブガーデン
庭の中央、ハーブガーデン。青緑色の美しい葉のルーに小さな黄色い花が咲いている。
ハーブの花はナチュラルで素朴なところが良い。ミカン科なのでアゲハ蝶がくる。食欲
旺盛なのであっという間に葉がなくなる。幼虫嫌いな方も要注意。




2015年 5月1日~10日

IMG_2620 ブルーフォーユー
香りも良く丈夫なブルーフォーユーの奥はアロマガーデン。深い葉色のメギ、ローズ
グローはやはり春が一番美しい。

IMG_2518 ベルオブウォーキング
アロマガーデンのクレマチス、ベルオブウォーキング。八重咲きで華やか。

IMG_2520 ローズバロー
アキレギアブルガリス、ローズバロー。ベルオブウォーキングの前でうつむく愛らしい姿。


IMG_2624 小道
左は木々の庭、右はハーブガーデン。秋に植えつけた一年草も咲き始めた。

IMG_2628 エンジェルスクワイヤー
種を採り播きしたエンジェルスクワイヤーがニュアンスのある色の花を咲かせる。エン
ジェルスクワイヤーはイギリス、トンプソン&モーガンの種。色幅が大きく、一重のもの
も八重咲きのものもある。どんな花を咲かせるのか楽しみになる。トンプソン&モーガン
社の種はネットでしか手に入らなかったが、最近はホームセンターで見かけるように
なった。(株)アタリヤ農園のものでT&Mの種をシリーズで扱っているようだ。


IMG_2613 ボーダー
アーチのバラはキャリエール、右の白い花は芍薬。

IMG_2572 フェスティバ・マキシマ
手前の芍薬、フェステシバ・マキシマ。純白の中に差す赤が艶やか。香りも良い。


IMG_2592 小道
ボーダーと並行して、奥にある小道。アイリスの青が目を引くが、手前に丁子草も
水色の花を咲かせている。

IMG_2569 ダッチアイリス
ダッチアイリス、右側はブルーマジック。花も良いが、弧を描く葉のラインの美しさに
惚れ、左隣に増やしたミスティクビューティー。これは色合いが実に美しくおすすめの
アイリス。

IMG_2631 小道
右端の薄いピンク色のはサポナリア・バッカリア。かすみ草のような花をしている。
種播きも容易で、こぼれ種でも出てくる丈夫さ。背丈は80~90センチになり倒れ
やすいので支柱を忘れずに。





2015年 4月の庭

IMG_2395 ヒヤシンス
4月1日 ヒヤシンスの香るアロマガーデン。

IMG_2393 アロマガーデン
気に入っていたダブルのヘレボラス、良い具合に花を付けるようになったが、この夏
枯れてしまった。残念。

IMG_2405 イベリス
毎年特に世話しなくても咲く真っ白なイベリス。

IMG_2408 アロマガーデン
アロマガーデンは野菜の栽培にも向いている。絹さや、スナックエンドウも結構収穫できて、
大好きな春の味覚を満喫。リーフレタスとパンジー、インスパイア・ベルベットの色の取り
合わせが美しい。この春もと思っていたが、昨年はインスパイア・ベルベットの種が手に
入らず。残念ながら、気に入ったものでも定番とならないものがある。


IMG_2419 アロマガーデン
4月6日 レディジェーンが開き始める。

IMG_2431 アロマガーデン
4月10日 春は成長が早い。絹さやたちも日に日にぐんぐん伸びる。

IMG_2452 アロマガーデン
4月22日 チューリップが花盛り。芍薬が早くも蕾を膨らませる。

IMG_2457 ボーダー小道
ボーダーのチューリップも愛らしい。


IMG_2478 丁字草
4月28日 ブルーの星形がかわいらしい丁字草。ボーダーの小道で。
  
  IMG_2480 クリーピングタイム
カーペットのようにピンクの花を広げるクリーピングタイム。香りが良いからかかわいい
ミツバチもお気に入り。人間に目もくれず、お仕事中。

IMG_2498 ボーダー小道
4月30日 ボーダーの小道が緑で覆われた。

IMG_2500 セイヨウカンボク オオデマリ
左がセイヨウカンボク(スノーボール)、右は桃花のオオデマリ。木々の庭もだんだんと
賑やかになってゆく。

IMG_2503  ピンクオオデマリ
日陰のホスタも美しい。



実家で農機具をおいていた建物を取り壊すことになった。
その際、父はメンテナンスを考え、家の前の道路沿いに植えた桜も伐採しようと思ったようだ。
この桜は私の誕生を祝って父が植えた記念樹。
ウン十年共に生きてきた。
以前に近所の方が駐車場にするといって数本が伐採され、4本残された。
うち1本が蔦に絡まれ、ここ数年ですっかり覆われてしまっていた。
最初はその1本をと聞いていたが、結局全部切ることになった。

私がとった歳の分だけ桜も大きく、太く成長し、春は実に見事だった。
その分父もまた歳をとったわけで、仕方のないことなのだ。
仕方ないが、寂しい。
色々な想い出や思いが巡る。

私は若くはない。
これから色々と別れる寂しさが増えていくのだろう。

IMG_2871 薪

細い枝も全て運んだ。
来冬は彼らが私、私の家族を暖めてくれる。


 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。